パソコンが、初めて大がかりなクラッシュに遭遇した。
6月8日早朝何気なくパソコンの画面を見たら、windows7の更新とスパイウェアの更新が並んで出ていた。ま、いいか、そのまま閉じる。
そのまま30分ほど使い続ける、何か異変が、ネットが途切れてダウン。
違うパソコンも、同時に使っていたので回線のダウンでは無い。

そこから始り
まず、システムの復元をポイントまで復元した。変わり無
何度か再起動かけると、エラーが出始めた。
windows/system32/boot/winload.exe これは何だ調べ始める
調べた結果は、windows updateとか色々。
それでは、再インストール。待て、お気に入りデーターが消えてしまう。
knoppixの最新dvd版で中を見るとファイルは残っている、よーし復活させて見るか。
またもや、色々なソフトで起動をかけるも変化なし。その内にブルー画面に陥った。
エラー構文をネットで検索、なるほど。
ハードディスクは生きているので、メモリーか差し替えを、4枚あったので1枚ずつ試してみる。
何となく1枚おかしい、でもbios画面には容量が出てくる。いいのか
違う3枚を差してやるといいとこまで行く、メモリーチェックなるフリーソフトを探し出したmemtest86+
これでチェックしたら、完全に1枚破損。さらに再起動かけるも起動しない
そうか、ハードディスク内のsystem32も破損か。
違うパソコンにosをインストールして、ファイルを移して見るか。だめもとで
knoppixで少しは移したが、全てを移動出来なかった。
逆に必要ファイルを抜き出すか、抜き出したまでは成功。
それから、エラーの出るディスクをフォーマットしようと。
それがまた色々なソフトを使うにも出来ず、パーティションだけ確保して。
空いているハードディスクにxpをインストールして管理画面よりフォーマット成功。
この、基本ディスクにwindows7をインストール成功。
さて、ノートパソコンの予備のハードディスクより少しばかりのデーターを移そうと、あれ、無い無い。
そうだ、ノートパソコンも一緒にいたずらしていたのだ。
80MBデーター入り予備を、ノートパソコンにへ入れてosまでいれてしまっていた。
この、ショック辛かった悲しい。
でも、うれしかった。お気に入りが理論ディスクに残っていた。今年の1月までの分。
それで、本日色々なソフトを入れて復旧。長かった一週間でした

破損メモリ一枚、1万円。6年保障付き、メーカに送る事に。
手間賃、自分で直したが3から5万円はほしいところ。

OSはwindows7 アルティメット
基本ディスク用に160MB1台、拡張理論ディスク用に260MB1台、予備20MB1台

ちなみに自作機、今回はどこにも聞くことが出来ない。
大変勉強になりました。がーん


  1. 未分類 |
  2. トラックバック(-) | 
  3. コメント:0
 |